スポンサーリンク

侍ジャパン2019メキシコ戦のメンバーは?スタメン選手も予想してみた!

2019年11月にはプレミア12、2020年には東京オリンピックを控えていて、ますます注目されている、稲葉監督率いる侍ジャパン。

そんな侍ジャパンの2019年の初陣である、ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019が、3月9日と10日に京セラドーム大阪にて行われ、メキシコ代表と試合をします。

このメキシコ代表との試合では、将来を見据えて、有望な若手選手が多数起用される可能性が大いにあります。

一体そのメンバーは、どのような顔ぶれなのか、とても気になりますね!

この記事では、侍ジャパンの試合について、どんなメンバーが選出されるのかについて、まとめていくとともに、スタメン選手の予想もしていきたいと思います!

また、チケットの情報や、テレビ中継の情報も載せています。ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

侍ジャパン2019メキシコ戦のチケット発売日はいつ?確実に入手する方法はある?

侍ジャパン2019のテレビ放送・中継日程まとめ!ネットでの動画配信はある?

侍ジャパン2019メキシコ戦の召集メンバーは?過去の対戦成績や見どころもまとめてみた

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019の日程・開催球場や中継について

試合日程や開催球場について

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019は、3月9日と10日に開催され、メキシコ代表と2試合行います。

  • 2019年3月9日(土)19:00〜
  • 2019年3月10日(日)19:00〜

なお試合は、オリックスの本拠地である京セラドームで行われます。

侍ジャパンに選出されたメンバーは?

残念ながら、1月4日現在、侍ジャパンの正式なメンバー発表はありません。

2月18日に正式発表がありました!詳しくは下記記事を参照ください!

侍ジャパン2019メキシコ戦の召集メンバーは?過去の対戦成績や見どころもまとめてみた

ちなみに、昨年の3月4日と5日に行われた、ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018のオーストラリア戦の際は、

1月23日に第1回目が、2月20日に追加招集選手の発表がありました。

今年のメキシコ戦も、昨年と日程が近いので、おそらく1月下旬ごろに第1回目が、2月中旬ごろに追加招集選手の発表があると思われます。

招集選手一覧

招集メンバーについては未発表なので、昨年の日米野球の出場選手を参考に、予想していきたいと思います!

正しい情報は、わかり次第更新します!

投手

  • 岸 孝之(楽天)
  • 大瀬良 大地(広島)
  • 上沢 直之(日本ハム)
  • 東浜 巨(ソフトバンク)
  • 多和田 真三郎(西武)
  • 山崎 康晃(DeNA)
  • 岩貞 祐太(阪神)
  • 松井 裕樹(楽天)
  • 佐藤 優(中日)
  • 濱口 遥大(DeNA)
  • 高橋 礼(ソフトバンク)
  • 成田 翔(ロッテ)
  • 笠原 祥太郎(中日)
  • 菅野 智之(巨人)
  • 長井 良太(広島)

捕手

  • 森 友哉(西武)
  • 會澤 翼(広島)
  • 甲斐 拓也(ソフトバンク)

野手

  • 山田 哲人(ヤクルト)
  • 田中 広輔(広島)
  • 菊池 涼介(広島)
  • 源田 壮亮(西武)
  • 岡本 和真(巨人)
  • 山川 穂高(西武)
  • 田中 和基(楽天)
  • 柳田 悠岐(ソフトバンク)
  • 秋山 翔吾(西武)
  • 島田 海吏(阪神)
  • 吉田 正尚(オリックス)

※太字は日米野球2018メンバーでない選手

ほとんど日米野球2018年のメンバーですが、一部の選手(太文字)は、沢村賞投手である日本のエースと、U-23で選ばれた若手選手の中から、1軍または2軍の公式戦で好成績を残している選手を加えています。

これらの選手を加えた理由ですが、

菅野 智之→言わずもがな、巨人のエース。2018年シーズンは、15勝8敗(うち完封8)、防御率2.14、200奪三振で2年連続の沢村賞受賞という成績を挙げており、巨人だけでなく、日本のエースと呼べる投手。

長井 良太→1軍では4試合の登板で、3.1イニング、防御率13.50と厳しい成績。ただ、2軍で27試合、1勝1敗2S、32.1イニング、防御率3.06と安定感がある。

島田 海吏→ルーキーイヤーながら2軍で今季101試合に出場。打率.237、73安打と成績こそ見栄えがするわけではないが、今後が期待される若手選手。

吉田 正尚→2018年シーズンは初のフル試合出場達成。成績も、打率.321、165安打、26本塁打、86打点を記録しており、侍ジャパンの将来を見据えた若手として、大いに戦力になる可能性が大。

スタメン予想!

こちらについても、日米野球を参考に、こんな感じなのでは・・というスタメンを考えてみました!

  1. (右)秋山 翔吾
  2. (二)菊池 涼介
  3. (中)柳田 悠岐
  4. (一)山川 穂高
  5. (三)岡本 和真
  6. (指)山田哲人
  7. (遊)源田 壮亮
  8. (左)田中 和基
  9. (捕)甲斐 拓也
  10. (投)菅野 智之

基本的には、日米野球のスタメンを踏襲しています。

意識した点としては、若手選手をなるべく多く入れたこと。

山川穂高選手、岡本和真選手、源田壮亮選手、田中和基選手、甲斐拓也選手など、2018年シーズンに大きく成績を伸ばした選手を選んでみました!

また、菊池涼介選手や山田哲人選手などは、FA権取得までわずかですし、場合によってはMLBへの挑戦などもあるかもしれません。

現在の侍ジャパンを支える有力選手が、メジャーに挑戦し、侍ジャパンが戦力ダウンしてしまう。そういったことを防ぐためにも、稲葉監督は若手選手の起用に積極的になると、私は予想しています。

まとめ

今回は、3月9日と10日に、京セラドーム大阪にて行われる、ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019のメキシコ戦について、侍ジャパンのメンバーやスタメンについてまとめてきました。

招集選手については、正式な発表はまだありませんが、

昨年の同時期に行われたこの大会では、1月23日と2月20日に発表があったので、おそらく今年も、1月下旬ごろに第1回目が、2月中旬ごろに追加招集選手の発表があると思われます。

また、招集選手については、主に2018年に行われた日米野球の選手が中心になってくると思います。

ただ、菊池涼介選手や山田哲人選手などは、FA権取得までとわずかということで、メジャーへ挑戦の可能性もあり、これらの選手が、東京オリンピックには出場できない可能性もあります。

そう考えると、先のことを見据えて、有望な若手を見つけていく必要があるので、今までの主力選手だけではなく、2018年にブレイクした、山川穂高選手、岡本和真選手、源田壮亮選手、田中和基選手、甲斐拓也選手をはじめ、若手中心でスタメンが組まれることも大いにあり得ると思います!

テレビ中継やネット配信はある?

テレビ中継に関しては、下記の記事を参照ください!

メキシコ戦のチケット入手方法は?

チケットの入手方法については、各チケットサイトの有料会員が対象となる先行発売と、誰でも購入可能な一般発売があります。

ただし、どちらも先着順なので、満席だと購入はできません。

そんな時にオススメの購入方法があります!詳しくは、下記の記事を参照ください!

関連記事

タイトルとURLをコピーしました