スポンサーリンク

プロ野球2019シーズン公式戦の日程と球団ごとのチケット購入方法まとめ!

ここ数年、ますます盛り上がっているプロ野球。

最近はネットでの動画配信などもかなり普及しているので、それらで見る機会が増えたという人も多いのではないでしょうか?

ただ、もちろんネット中継やテレビ中継でプロ野球観戦するのも楽しいのですが、現地球場での観戦は、選手の迫力のあるプレーを生で見ることができ、それもまたいいですよね!

しかし、現地での観戦をしようと思った際に、慣れていないと困るのがチケットの手配です。

特に最近は、チケットの購入方法も多様化しているので、なおさら迷うと思いますし、プロ野球人気によって、チケットの入手も困難になることがあると言われているのでますます頭が痛い話です。

そこで今回は、

  • 各球団ごとのチケット入手方法
  • チケットを確実に入手する方法

これらについてまとめていきます!

ちなみにネタバレすると、
チケットストリートという、確実にチケットを入手できるサイトの紹介も行います!

ぜひ参考にしてみてください!

→チケットストリート公式サイトはこちら

プロ野球2019シーズン公式戦の日程

プロ野球2019年シーズンの公式戦は、セリーグ・パリーグ共に3月29日に開幕します。

公式戦:3月29日(金)〜9/27(金) ※雨天などで中止時は順延

またシーズン中にあるセパ交流戦の日程は

日本生命セ・パ交流戦:6月4日(火)~6月23日(日) 
※予備期間:6月27日(木)まで

このようになっています。

その他、オールスター、クライマックスシリーズ、日本シリーズなどの日程は下記の通りです。

マイナビオールスターゲーム2019
第1戦 7月12日(金)東京ドーム
第2戦 7月13日(土)阪神甲子園球場
予備日 7月14日(日)

 

クライマックスシリーズ
ファーストステージ 10月5日(土)~
ファイナルステージ 10月9日(水)~

日本シリーズ
10月19日(土)〜10月27日(日)

 

このようになっています!

 

公式戦チケットの発売日や購入方法は?

プロ野球公式戦のチケット発売日および購入方法は球団によって異なってきます。この記事では、それぞれの球団ごとの購入方法をまとめているので、参考にしてください!

ちなみに、プロ野球のチケット購入方法としては、電話などの方法や、下記のようなプレイガイドを通して買う方法に加えて、

 

このように、球団が直接関わる形で購入する方法の主に2通りの方法があります。

  • 各球団の公式ホームページ
  • 各球団のファンクラブ
  • 現地購入(当日券・前売券)

 

では、具体的に各球団はどのような形でチケットを販売しているのでしょうか。セリーグとパリーグでまとめてみました!

 

セリーグ

広島東洋カープ

  • カープ公式HP
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)
  • FAX
  • 電話
  • 現地(マツダスタジアム)
  • カープベースボールギャラリー
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス)
  • プレイガイド(チケットぴあ店舗、HMV広島本通り店)
  • みどりの窓口(JR西日本)
  • 中国新聞販売

 

東京ヤクルトスワローズ

  • 球団公式チケット販売サイト(スワチケ)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート)
  • プレイガイド(チケットぴあ店舗)
  • 電話(チケットぴあ、ローソンチケット)
  • 現地(明治神宮球場)

 

読売ジャイアンツ(巨人)

 

横浜DeNAベイスターズ

  • 球団公式チケット販売サイト(ベイチケ)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ)
  • プレイガイド(チケットぴあ店舗)
  • 電話(ローソンチケット)
  • 現地(横浜スタジアム)

 

中日ドラゴンズ

  • 球団公式チケット販売サイト(ドラチケ)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ)
  • 電話(チケットぴあ)
  • 中日新聞販売店(愛知県・岐阜県・三重県)
  • プレイガイド(チケットぴあ店舗)
  • チケット売場(CBCラヴァースショップ)
  • 現地(ナゴヤドーム)

 

阪神タイガース

  • 球団公式チケット販売サイト(虎チケ)
  • 阪神甲子園球場公式チケットサイト(甲チケ)
  • WEBで購入(ローソンチケット、チケットぴあ、LINEチケット)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス)
  • 電話(チケットぴあ)
  • 中日新聞販売店(愛知県・岐阜県・三重県)
  • プレイガイド(チケットぴあ店舗)
  • 各チケット売場(阪神ステーションネット(梅田阪神プレイガイド)、山陽電車ご案内センター(明石))
  • 現地(阪神甲子園球場)

 

 

パリーグ

埼玉西武ライオンズ

 

福岡ソフトバンクホークス

  • 球団公式チケット販売サイト(タカチケット)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、CNプレイガイド、イープラス、Yahoo!チケット)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ)
  • 電話(ローソンチケット、チケットぴあ、ホークスチケット「はじめてダイヤル」)
  • 現地(ヤフオクドーム7番ゲート横)
  • アプリ(ホークスチケットアプリ)

 

北海道日本ハムファイターズ

  • 球団公式チケット販売サイト(FIGHTERS TICKET)
  • 札幌ドーム公式チケットサイト(らくスルー)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、CNプレイガイド、イープラス、チョッQR、JTBエンタメチケット、チケットビス)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ)
  • 電話(ローソンチケット、チケットぴあ、JTBエンタメチケット、道新プレイガイド、CNプレイガイド)
  • 各チケット売場(ファイターズスクエア丸井今井店、道新プレイガイド、東光ストア、大丸プレイガイド、JTB・JTB総合提携店)
  • 現地(札幌ドームチケット売り場、ファイターズオフィシャルショップ CLUBHOUSE)
  • アプリ(ファイターズ公式アプリ)

 

オリックスバファローズ

  • 球団公式チケット販売サイト(オリチケ)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイド、イープラス、LINEチケット)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート、ミニストップ)
  • 電話(ローソンチケット、チケットぴあ、JTBエンタメチケット、道新プレイガイド、CNプレイガイド)
  • 各チケット売場(チケットぴあ、)
  • 現地(京セラドーム大阪、ほっともっとフィールド神戸)

 

千葉ロッテマリーンズ

  • 球団公式チケット販売サイト(Mチケット オンライン)
  • WEBで購入(セブンチケット、ローソンチケット、CNプレイガイド、イープラス、Yahoo!チケット)
  • 各コンビニ店頭(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)
  • 電話(ローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイド、球団公式(0570-08-0026 ))
  • 各チケット売場(チケットぴあ)
  • 現地(ZOZOマリンスタジアム)

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

 

野球観戦時の悩みごと

ここ最近の野球ブームにより、球場の入場者数は右肩登りです。観客数が多いと当然盛り上がって楽しいのですが、その反面、毎試合ほぼ満員になる球場も増えています。

事実、こちらの画像を見ていただくと一目瞭然で

http://npb.jp/statistics/2018/attendance.html

 

ほとんどの球団(特に上位チーム)で、球場のキャパシティとほぼ同数の入場者数となっています。

12球団の中でも、巨人・阪神・ソフトバンクなどは250万人以上の入場者数を記録しており、特に混雑度が高いですね。

またセリーグ3連覇中の広島などは、前売券すらも入手が難しいと言われていますし、ここ数年は下位に甘んじているヤクルトでも

1試合平均の観客動員数の前年比伸び率はヤクルトが12球団トップだったのだ。

https://diamond.jp/articles/-/136187?page=3

このようにかなりの観客数が増加していると報じられています。

盛り上がるのはいいことですが、、

こうなると悩ましいのがチケットの手配です。
当日券はもちろんのこと、前売り券でさえも手に入らなかったら、現地での観戦すらできません。

特に、子どもを連れて行きたいという方や、平日は仕事なのでゆっくり観戦したいという方は、必然的に週末の試合観戦になりますよね。

しかしそれは他の人も同様に考えていて、よりチケット入手が困難になっている要員でもあります。

 

 

「じゃあどうすればいいんだよ!!」

 

 

実は、観客数増加で入手が難しくなってきているプロ野球チケットを確実に手に入れるがあるんです!

その方法を下記にまとめたので参考にしてくだい!

 

プロ野球2019シーズンのチケット購入はチケストがおすすめ!その理由は?

プロ野球人気によって、現地観戦をする人の数はますます増加していく一方で、チケットの入手は難しくなってきています。

「せっかくこの日は休みなので、子どもを連れて野球に行こうと思ったのに、肝心のチケットは完売している、、唯一空いているのは1席だけで、これじゃあダメ・・」

こんな経験ありませんか??

けれども、そんなチケットについての悩みを解決できる方法があるんです!

その方法は、チケットストリートを利用することです。

→チケットストリート公式サイトはこちら

もちろん、値段は定価よりも高い設定がほとんどではありますが、

行きたい試合のチケットを確実に手に入れることができるのはもちろん、購入段階でチケット記載の座席番号を確認できるので、見やすい席かどうかや通路に出やすいかどうかなども事前に分かっちゃいます!

 

ちなみに、チケットストリートの出品チケットの中で「プロ野球」で検索をかけると、多い球団で800件以上、少ない球団でも200件はあります。

 

 

これだけの数が出品されているのですから、当然自分が欲しいチケットを見つけられる可能性も高くなりますよね!

ぜひチケットを確実に入手して、野球観戦を身近なものにしてください!

 

まとめ

プロ野球2019年シーズンの公式戦は、セリーグ・パリーグ共に3月29日に開幕します。

日程については下記のようになっています。

公式戦:3月29日(金)〜9/27(金) ※雨天などで中止時は順延

日本生命セ・パ交流戦:6月4日(火)~6月23日(日) 
※予備期間:6月27日(木)まで

 

チケット入手方法については、各球団ごとに変わってきますが、
基本的にはどの球団も、電話などで購入するほか、下記のようなプレイガイドを通して買う方法が共通してあります。

 

それらに加えて、球団が直接関わる形で購入する方法もあります。

  • 各球団の公式ホームページ
  • 各球団のファンクラブ
  • 現地購入(当日券・前売券)

 

しかしチケット購入時に困るのが、ここ数年のプロ野球人気によって、

上位チームに限らず、球団の企業努力によって下位のチームでも、入場者数が上昇している傾向にあるので、チケットの入手が難しくなってきていることです。

そこで、私がオススメしたいのがチケストこと、チケットストリートです。

プロ野球チケットは、出品数が多い球団では800件以上、少ない球団でも200件以上出品されています。

確実にチケットを入手できることはもちろんですし、座席番号を確認してから購入できるので、安心して利用できますよ!

→チケットストリート公式サイトはこちら

ぜひチケすとでチケットを入手して、テレビでは味わえない、現地ならではの観戦を楽しみましょう!

関連記事

プロ野球2020シーズン公式戦の日程と球団ごとのチケット購入方法まとめ!
タイトルとURLをコピーしました