スポンサーリンク

プロ野球2020シーズンのチケットを確実に取れるオススメサイト3選

プロ野球人気は年々上がってきた影響でチケットの取得も難しくなってきており、前売り段階で完売して当日券の発売自体ない試合もあります。

そこでこの記事では、

  • プロ野球のチケットを確実に取るための方法を紹介
  • 公式にも認められた一番オススメのサイトについて詳しく解説

これらについてまとめていきます。チケット取得の際の参考にしてください!

先にネタバレしておくと、チケットを確実に取れる3つの方法はこちらです!

  • チケットストリートを利用する
  • Twitterやラクマなどで取引する
  • 金券ショップで探してみる

では、それぞれの内容とポイントを紹介していきます。

チケットストリート(チケスト)

まず紹介するのは、個人間でチケットの売り買いができるサイトであるチケストことチケットストリートというサイトです。

主なメリットとしてはこのようなことが挙げられます!

  • 毎年シーズン中は1万件以上の出品数がある
  • 日ハム、ロッテ、オリックスは球団公認のリセールサイトとなっている
  • 入手が難しいシートなどの出品も数多く出品あり

チケストについての詳細は下記にも書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください!

→今すぐチケストでプロ野球のチケットを探してみる

Twitterやラクマなど

チケットの個人間における売り買いではTwitterやラクマなども重要なツールです。

時期や需要によっても変動するので総数は不明ですが、実際にTwitterで検索すると多数の出品があったことがわかります

このように不要になったチケットの買い手を探している人がたくさん見つかります!ラクマもTwitterと同様に、チケットの出品があるので確認する価値ありですよ!

Twitterなどで購入するメリットとしては、結構困っている人が多いので定価で購入できる可能性があることです。

ただしデメリットもいくつかあり、

  • 試合日を指定して探すのが大変
  • 直近の試合が多い傾向にある
  • 個人間での直接やりとりなので、トラブルなどのリスクが付きまとう

このようなデメリットもあります。購入の際は慎重に進めていってください。

金券ショップ

場所にもよりますが、金券ショップでも出品されていることがあります。

数は多くはないですが、稀に良席も販売されていたりするので一度のぞいてみる価値がはあると思います!

ただデメリットとして、行きたい試合や欲しい席のチケットを探すのが大変なことがありま。また、そもそもの流通量がかなり少なめで、店舗もたくさんあるので探し回るのは一苦労です。

確実かつ安全にチケットを手に入れるにはチケットストリートが便利!

公式以外でのチケット購入方法をまとめてきましたが、この中で私が一番お勧めするのはチケットストリートです!

チケストを利用するメリットとしては・・

  • シーズン中は1万を超える豊富な出品数
  • 組み合わせや試合日を指定して希望のチケットを探すことができる
  • サイトが仲介しているのでトラブルの心配も不要
  • 比較的安価な出品も多い
  • 一部の球団は公式にリセールサイトとして認めている

これらが挙げられます。

こういうサイトってかなり高値で売られているのでは?と思うかもしれませんが、定価に近い出品も多数あります!

参考までに今年のクライマックスシリーズの発売画面ですが

CS2019のチケストでのチケット販売・取り扱い状況

このように意外と良心的な出品も多くあるんです!公式戦よりも高値になりやすいCSでこの値段なので、お目当ての試合も確認してみる価値ありです!

もちろん定価より大幅に高い出品もありますが、ご覧のように比較的定価との差が小さいな出品が多いですし、取れないチケットの入手が可能ということはかなりのメリットです!ぜひチケストを活用してみてくださいね!

まとめ

今回はプロ野球2020シーズンのチケットを確実に取る方法についてまとめてきました。

前売りで取れず、当日券発売の見込みがなくて困っている方へ、チケット取得のためのオススメ方法として

これら3つを紹介してきました。ただしこの中でもTwitterやラクマ、金券ショップ等は目当ての試合や席を探すのも大変で、出品があるかどうかも怪しいこともありえます。

一方チケットストリートは、一部の球団からは公式リセールサイトに認定されている安全性の高いサイトで、シーズン中は1万件以上の出品があるので欲しい試合や席がある可能性が高いです。

確実にチケットを入手できることはもちろん、定価とほぼ変わらないぐらいの出品もあるので、まずはチケストをのぞいてみて欲しいチケットがあるかを確認してみてください!

→チケットストリート公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました