スポンサーリンク

上茶谷大河(東洋大) の読み方は?ドラフト指名しそうな球団や順位を考察

プロ注目の大学生はたくさんいますが、その中でも目立っている人と言えば、東洋大学の上茶谷大河投手ではないでしょうか。

MAX151キロの速球を投げ、2018年春のリーグ戦では、1試合で20奪三振を奪ったという実績十分の選手です。

今回は、上茶谷大河投手の評価を調べてみたのでその情報のまとめを行うとともに、どこの球団に、何位で指名されるのかを予想してみました。

 

プロフィール

名前:上茶谷大河(かみちゃたに たいが)

生年月日:1996年8月31日生まれ(22才)

生まれ:京都府京都市出身

身長:181cm

体重:85kg

ポジション:投手

右投右打

経歴:京都市立金閣小(金閣リトルタイガース)→京都市立衣笠中→京都学園高等学校→東洋大学

 

最速151キロのストレートを投げる本格派右腕。変化球はスライダーやチェンジアップ、カットボールやフォークボールなどを使い分けます。

京都学園高校時代は2年の春からエースを務めていましたが、2年夏は京都大会初戦敗退、2年秋はベスト16、3年夏は強豪・福知山成美と当たったこともあり2回戦で敗退しており、決して目立った成績を残せたとは言えません。

東洋大学に進学してからも3年生までは未勝利で、出場もリリーフとして7登板のみと、こちらもなかなか成績を残せていない状態。

しかし4年生の春でリーグの開幕を投手を務めた際には、大学初勝利を挙げており、内容も6安打16奪三振の完封という素晴らしい結果となっています。

その後も上記のように、1試合で20奪三振を奪うなどの活躍を見せるなどして最終的には6勝を挙げ、

MVP、最優秀投手、ベストナインに選ばれています。

 

スカウトからの評価

フィリーズ大慈弥環太平洋担当部長

制球が良く直球の質がいい。マエケン(前田健太=ドジャース)みたいになれる。

 

広島苑田スカウト統括部長

オリックスの西みたいなタイプ。3人(上茶谷、甲斐野、梅津)は今プロに入ってもいい勝負になる。

2018年5月5日日刊スポーツより引用

 

ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク

即戦力で、将来はローテーションの軸になれる

 

DeNA・吉田スカウト部長

足の上げ方などを考えているのが分かる。前回とは違うし、良い時に戻りつつある。ドラフトの目玉に変わりはないよ

 

阪神・谷本球団本部長

思っていた以上に良い投手と感じました。見たのは横からですが、きれいな美しいフォームで。ボールも伸びていてスライダーも切れていました

 

中日・中田スカウトディレクター

1位候補。先発投手の中では屈指

http://pospelove.com/blognplus2100/index.php?e=1297より引用

このように、多くの球団関係者が上茶谷大河投手を評価しており、ドラフト会議では競合になる可能性も考えられます。

 

獲得球団・ドラフト順位

ここまで実績があると、即戦力右腕を必要とする球団は指名してくるでしょうが、おそらくその中でも

  • ソフトバンク
  • 西武
  • ヤクルト
  • 阪神

これらの3球団は上位で指名する可能性が高いのではないかと思います。

その理由としては、ソフトバンクは2桁勝利を挙げた投手が千賀、バンデンハーク、石川の3人のみで今年は常勝軍団が2位に甘んじたということもあり、即戦力、それもイニングを食える投手を獲得するのではと予想したからです。

西武は、10年ぶりのリーグ制覇をしたものの、防御率は4.27とリーグ最下位という結果に終わりました。その中でも中継ぎ陣の防御率が非常に悪く、中継ぎの即戦力として獲得するのではと思いました。

ヤクルトと阪神については投手の層を手厚くしたいと考えているのに加えて、ベテラン投手陣の割合も高くので若返りの目的も兼ねて獲得に動くのではないでしょうか。

順位としては非常に難しいところではありますが、競合になる可能性が高いので、1位または2位までには獲得されると思います。

 

まとめ

今回は東洋大学の上茶谷大河投手についてまとめてみました。

即戦力が期待される投手とあって、複数球団からの指名も予想されているので、

どの球団から指名されるかはもちろん、プロ入りしてからの活躍にも注目ですね!

アマチュア時代は遅咲きの投手ではありましたが、プロではすぐに活躍してくれるはずです!

タイトルとURLをコピーしました